着物の宅配買取のメリット・デメリット│箱に詰めるだけって本当?

着なくなった着物が家に何着も眠っているけど、どのような方法で査定してもらうと高い値段で売ることができるの?

着物の買取方法として一般的なのがこの3つの方法ではないでしょうか?

  1. 持込買取
  2. 出張買取
  3. 宅配買取

着物の売却先や方法は沢山ありますが、今回は忙しい人でも手間がかからずにできると話題の宅配買取について、簡単な流れやメリット・デメリットを解説します。

着物の宅配買取とは?

着物の宅配買取がどのような方法なのかといえば、宅配買取を行っている業者から送られてきた箱に不要になった着物や帯などをまとめてダンボールに詰めて送って査定してもらう買取方法です。

日本全国、どこに住んでいても、どんなに忙しい人でも空いている時間に着物を送るだけで査定も買取もできると話題の方法。

時間がない人だけではなく、着物の買取店が近所にない人や出張買取サービスに抵抗がある人、誰にも知られずに売却したい人にも人気です。

着物宅配買取サービスは買取店までの送料は無料ですが、査定金額に納得できずに返送してもらう際の送料はこちらで負担する場合が多いので、そこは最初に理解しておきましょう。

まずは着物の宅配買取がどのような流れで行なわれるのかを解消すると・・・

着物の宅配買取の一般的な流れとは?

着物の宅配買取の流れを簡単に4ステップで解説すると・・・

着物の宅配買取の申込み

着物の宅配買取を行っている会社や店舗の電話やメールを使って連絡を行って、宅配買取の手配や手続きを行います。

売りたい着物の点数や状態などを大まかに伝えることで、送られてくるダンボールの大きさやサイズが決まりますので、最初にある程度リスト化したりまとめることが必要です。

電話では返送時に着物と一緒に送付が必要な書類や発送方法なども確認しておくとよいでしょう。

宅配買取キットの到着と売りたい着物の発送

宅配買取を申し込むと、数日後に宅配買取キットが送られてきますので、ダンボールに売りたい着物や帯などをまとめて入れます。

詳細は宅配買取キットにも書かれていますが、売りたい商品だけではなく書類も同封する必要がありますので、説明書をしっかり読みましょう。

  • 身分証明書のコピー(運転免許証や健康保険証)
  • 宅配買取の申込書(ネットでダウンロード&印刷可能)

実際に送付する商品と中身の相違がないのかの確認と、古物商の関係で売る人の身分確認が必須です。

ヤマト運輸や佐川急便などに集荷の連絡を行って、自宅まで取りに来てもらうか、コンビニなどから発送手続きを行います。

買取店に商品が到着し、着物や帯の査定

買取店や宅配買取を行っている会社に商品が到着し、中身の確認と査定が行われ査定結果の連絡が電話かメールで届きます。(店舗によって連絡方法が異なります。)

【宅配買取業者ごとの連絡方法一覧】

着物買取専門業者 即日振込み対応時間
バイセル(BUYSELL) 電話
着物買取プレミアム 電話
福ちゃん 電話
ヤマトク マイページ
久屋 マイページ
コメ兵 メール

査定結果が出るまでは、商品発送後3日以降になる会社が多く、土日や祝日を挟むと5日や1週間ほどかかりますので、多少の時間は覚悟しておきましょう。

査定金額に納得し売却&買取代金の銀行への振込

着物の査定金額に納得できれば、宅配買取での売却が成立して商品の買取代金が指定の銀行口座に振り込まれます。

振込日時は当日ないし、翌日のところが多く銀行口座に振り込まれますので、金融機関が休みの場合は、それだけ着金が遅くなります。

【宅配買取業者ごとの入金日一覧】

着物買取専門業者 即日振込み対応時間
バイセル(BUYSELL) 午前中の返答で可能
着物買取プレミアム 午前中の返答で可能
福ちゃん 状況により可能
ヤマトク 15時までの返答で可能
久屋 15時までの返答で可能
コメ兵 最短翌日振込み

ちなみに振込手数料は買取業者が負担してくれますので、査定金額から手数料の分を引かれる事はありませんので、その点は安心しましょう。

もし査定金額に納得できなければ、買取をキャンセルして送った商品を返送してもらえますが、返送時は着払いなので送料の負担が必須。

送付時は無料ですが返送時の費用が発生することは、宅配買取を申し込む際に最初に理解しておきましょう。

着物の宅配買取のメリット・デメリット

着物の宅配買取のメリットとデメリットについて簡単にまとめてみると・・・

着物の宅配買取のメリットとは?

 

  • 自分の好きな時に送るだけで査定ができる
  • 日本全国どこでも対応可能(送料無料)
  • 鑑定士やスタッフに会う必要がない
  • 家族や知人にバレずに着物を売却できる
  • 店頭に持ち込む手間がかからない

 

持込買取や出張買取と違って誰にも合わずに自分のペースで売却でき、好きな時間や都合の良いタイミングで箱に詰めるだけという手軽な感じが、着物の宅配買取のメリットでしょう。

着物の宅配買取のデメリットとは?

 

  • 事前に宅配買取キットを受け取る必要がある
  • 着物の査定金額がわかるまでに時間がかかる
  • 買取金額を受け取るまでに最低でも5日〜1週間かかる
  • 宅配買取キットにシワなく着物を入れる手間がかかる
  • 本人確認書類や査定書類などの準備が必要
  • キャンセル時の返送費用は負担する必要がある

 

自分のペースで手続きを行うことができる反面、書類の準備や梱包などの手間がかかることや、入金までに日数が必要になることはデメリットです。

キャンセル時の返送費用の負担をする必要があることは、事前にしっかり理解しておかないと、その分だけ赤字になってしまうこともあるでしょう。

宅配買取で買取金額を受け取る際の注意点

宅配買取はスムーズに手続きが進むと、商品の送付後5日前後で買取金額を受け取ることができますが、指定の銀行口座にしか買取代金は振り込まれません。

このことからもわかるように、持込買取や出張買取のように即日&即金でお金を手にすることができないだけでなく、いくつかの注意点がありますので、ここで紹介すると・・・

本人名義の口座でないとお金を受け取れない

宅配買取で買取金額を受け取ることができるのは、宅配買取を申し込んだ本人名義の口座のみ。

配偶者やお子様、同居の家族であったとしても口座名義人と申込者が異なる場合は、絶対に振込を行ってもらうことができません。

実家の片付けや遺品整理など、申込者の自宅と宅配買取キットの送付先が異なる場合も、注意が必要でしょう。

申込者の確認+本人名義の口座確認+本人確認書類の住所の3つが確認できて、はじめて買取代金の振込が行われます。

マイページのある買取業者の場合は、申込人の登録住所と宅配買取キットの送付先住所の変更ができますので、そこで送付先を実家た祖父母の家に登録しなおしましょう。

本人確認書類を返送しないと入金されません

着物の宅配買取を行っている会社は、全て古物商として登録されており、古物営業法の元で買取や販売を行うことができます。

古物営業法では、本人確認が義務付けられており、必ず本人確認書類のコピーを取らないと代金の支払いを行うことができません。

だからもし宅配買取キットの送付時に同封を忘れると、買取業者から必ず連絡がきますので、しっかり対応しましょう。

本人確認書類の注意点は必ず現住所が確認できることなので、通学や通勤のために引っ越しをしている際には、新住所が確認できる書類を用意しましょう。

もし新住所を確認できる公的な書類がない場合は、公共料金の支払明細や領収書のコピーや賃貸契約書のコピーの提出が必要になります。

【本人確認書類として有効な書類まとめ】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • 特別永住者証明書

ちなみにマイナンバーカードでは、本人確認書類として認められません。

宅配買取業者によっても対応方法が異なりますので、もし現住所での公的な身分証明証がない場合は、電話等で確認をしてみてください。

着物の宅配買取がおすすめな人は?

着物の宅配買取にはメリットとデメリットがあることを紹介しましたが、宅配買取がおすすめな人は・・・

忙しくて持込や査定に立ち会う時間が取れない人

売りたい着物や帯があるのに、店舗に持ち込む時間や出張買取に立ち会う時間がない人には、宅配買取はおすすめでしょう。

ただ送ってみないといくらの査定金額になるのかがわからないので、処分しても良いという気持ちがないと査定金額にがっくりすることもあるでしょう

誰にも会わずに、誰にも知られずに着物を売りた人

鑑定士や査定士さんに会うと、無駄な営業や他の買取商品がないかを聞かれることもあるので、そういう手間が煩わしい人にもおすすめです。

多少安くても誰にも会わずに処分できれば良いかな・・・と思っているような人だと宅配買取が良いでしょう。

着物の宅配買取のメリット・デメリットの記事まとめ

宅配買取は自分の都合やペースで不要になった着物を売ることができますが、メリットもデメリットもあることがわかったと思います。

一番のデメリットは査定金額がわかるまでと実際の入金までに1週間前後の時間がかかることと、全部自分で作業しないとならない部分。

郵送時に大事な着物にシワや折り目がついてしまうリスクもゼロではありません。

宅配買取は楽にできるというイメージがありますが、普通の洋服のように自宅で洗濯やメンテナンスができにくい着物にはあまり合っていないと思います。

地方や離島に住んでいて、近所に買取店も出張買取を行ってくれる業者もない場合や、いくらでも処分することが決まっている人には良いでしょう。

出張買取の場合は多少の値段交渉もできますし、相対的に買取金額が高い傾向がありますので、同じ業者でも私なら出張買取をおすすめします。

ちなみに出張買取だとクーリングオフが適応されますので、売却後の心変わりにも対応してもらうことができますので、そういった部分でも安心です。