着物の出張買取のメリット・デメリット│手間なしで即日現金払い

もう着なくなった着物が何着もあるけど、どのような方法で査定してもらうのが、高い値段で着物を売ることができる方法なの?

着物の買取方法として一般的なのがこの3つの方法ではないでしょうか?

  1. 持込買取
  2. 出張買取
  3. 宅配買取

着物の売却先や方法は沢山ありますが、今回は一番手間なしで高額査定が出やすいと最近話題の出張買取の簡単な流れやメリット・デメリットについて解説します。

着物の出張買取とは?

着物の出張買取とはどんな買取方法かといえば、希望の日時に合わせて査定士や専門スタッフに自宅や指定場所まで来てもらい、目の前で査定してもらう買取方法です。

最近は着物の出張買取が人気なこともあり、多くの買取店が出張費無料・査定料無料・キャンセル料無料と、出張買取にかかる費用を無料にしていることで人気の方法。

着物の持ち運びの手間も、箱詰めの手間もかからないですし、家にあげるのが嫌なら玄関でも査定してくれますので、気軽に値段を知りたい人や面倒なことをしたくない人がこぞって使っています。

まずは着物の出張買取がどのような流れで行なわれるのかを解消すると・・・

着物の出張買取の一般的な流れとは?

着物の出張買取の流れを簡単に3ステップで解説すると・・・

着物の出張買取の申込み

着物の出張買取を行っている業者に電話かメール、公式サイトの申込みフォームから出張査定の予約申込を行います。

申し込み後に日程の調整や売りたい商品の確認を電話やメールで行う会社も増えていますので、最初にどんなものをどれだけ売りたいのかをチェックしておくとスムーズに進みます。

全国規模で着物の出張買取を行っている買取店や買取業者もあり、最短で申し込んだ当日に出張査定の来てもらうことができる場合もあるので、急いでいる人でも大丈夫でしょう。

自宅や指定場所で着物の査定

買取業者が予約した日時に自宅等に来てくれますので、売りたい商品を用意して実際に目の前で査定してもらいます。

出張買取の際にも本人確認書類をチェックする必要がありますので、運転免許証や健康保険証などを事前に準備しておきます。(古物営業法で本人確認が必須)

着物が閉まってある部屋に他人を入れる抵抗感がある場合は、予約した時間の前に玄関に用意しておくとスムーズに出張買取が進むでしょう。

自宅に来てもらってから、売るものを用意しだすと焦って着物がしわになったり、汚れてしまうリスクもあるので、事前に準備したほうが良いと思います。

現金の受取りと商品の引き渡し

査定してくれた専門スタッフや査定士さんの買取価格に納得できれば、その場で売買契約を行って、着物や売る商品を手渡して、買取金額を現金で受け取ることができます。

査定金額になっとくできなければ、その理由を確認したり、多少なら値段交渉できる場合もありますので、物怖じせずに素直な気持ちを伝えることが大切です。

最終的に買取金額に納得できなければ、売却をキャンセルすることもできますし、納得した商品だけを売却することも可能。

着物の出張買取を行っているほとんどの買取店が、キャンセルしても無料で対応してくれますので、売らなくても費用が発生することはほとんどないでしょう。(予約時に確認しておくと良いと思います。)

出張買取だけはクーリングオフ対応ですので、売却後に心変わりしても大丈夫ですよ。

着物の出張買取のメリット・デメリット

着物の出張買取のメリットとデメリットについて簡単にまとめてみると・・・

着物の出張買取のメリットとは?

 

  • 目の前で専門家に査定してもらえる
  • 日本全国、無料で対応可能な業者が多い
  • お店に持ち込んだり箱詰めの手間が不要
  • 売りたい商品が多い時に便利
  • 高級な着物も最小限の確認なので傷みにくい

 

宅配買取と違って目の前で専門家に査定してもらえ、査定金額の理由の確認や商品の選定、多少の相談などもできることがメリットですし、着物を動かさないので万が一、売却をキャンセルする場合でもダメージは少ないでしょう。

着物の出張買取のデメリットとは?

 

  • 家の中に人があがるので、掃除等が必要になる
  • 予約日時には家で待っている必要がある
  • 1枚から頼めるがなんとなくキャンセルしにくい
  • 他に売りたいものはないかと聞かれる

 

出張査定の一番のデメリットは家に人をあげる必要があることでしょう。抵抗感がある人でも玄関までは入れないと査定してもらえませんし、わざわざ来てもらっているのでキャンセルしにくいという部分もあります。

出張買取で着物を売る際の注意点やQ&A

出張査定は着物を動かさないで済むことで、手間なくダメージもなく査定をしてもらうことができる買取方法で、全国に販路がある会社が買い取ることで査定金額も高くなる傾向があると人気の方法です。

自宅に来てもらう出張査定なので、少し不安がある人もいらっしゃると思いますので、よくある質問や注意点などを簡単に紹介しておくと・・・

着物の出張買取は何枚から?1枚でも大丈夫?

着物は沢山持っていないけど、出張買取で売却したい。何枚以上でないと出張査定にきてくれないのかと不安がある人も多いようですが、着物の出張買取は1枚からでも大丈夫。

そもそも普段着ではない着物なので、多くの女性は家に何枚も着物を持っておらず、本当に使う機会がないので処分したいと考えている人も多いんです。

私が知っている出張買取を行っている買取店や買取業者では、何枚以上とか、一式が揃っていないと出張買取を行わないというお店はありません

枚数があったり、小物があったりすればそれだけ高額査定が期待できますし、着物を持っている人は、帯や帯締め・ショールなどの小物やかんざしや帯留めを持っていると思いますので、合わせて査定してもらうとよいでしょう。

売る枚数や商品点数が少ないことが理由で、査定金額が安くなるということもありませんので、本当に不要なら1枚から出張買取の申し込みを行っても問題ありませんよ。

日本全国、本当に無料で出張査定してくれるのか?

地方都市にお住まいの方や、近所に着物の買取店がないような人でも、出張買取を行っている業者ならほとんどの地域に無料で出張買取を行ってくれます。

詳しくは買取業者の公式サイトをチェックするか、電話やメールで問い合わせたり実際に申し込んでしまえば、折返しの連絡で無料で出張買取が可能か教えてくれます。

閑散期であれば、普段出張買取を行っていないような場所でも来てくれる場合もありますので、売りたいもののリストをまとめて聞いてみると良いでしょう。

本当に当日に現金を受け取ることができるのか?

出張買取に来てもらって、査定金額に納得できれば、基本的にその場で現金と商品を引き換えすることになります。

古物営業法の関係で本人確認書類のチェックは必須ですので、本人確認書類と印鑑等があれば、問題なく即日現金を受け取ることができると考えて問題ありません。

ただあまりにも高額になるような場合は、事前に売りたい商品の情報や特徴を伝えておくと良いでしょう。

土日祝日でも出張買取の対応が可能なのか?

全国展開を行っている着物の出張買取業者はほとんどが定休日なしで行っていますので、土日祝日の出張買取でも問題なく対応してもらえます。

ただ土日祝日に申し込み当日の出張買取ができるのかは、その時の混雑具合によりますので、申し込みの連絡をして確認してみるのが良いでしょう。

折返しの連絡で即日対応可能かどうか、何時なら対応できるのかという返答をもらえますので、そこで調整するのが一番です。

出張買取の時間は午前10時〜午後8時くらいまでですので、その間に出張査定が可能な時間帯がないかを聞いてみると良いと思います。

出張買取だけクーリングオフ制度の適応があるの?

着物の売却方法の中で、唯一、クーリングオフ制度の適応があるのが出張買取。

着物の出張買取は特定商取引法の規制対象となる訪問購入にあたるため、クーリングオフ制度(第58条の14)が適用されます。

クーリングオフ期間は8日間ですので、その間に着物の売却を取りやめたいと考えた場合は、着物の売却代金を返すことで着物を取り戻すことも可能。

商品の返送にかかる費用や売却代金の返金にかかる費用も業者側が負担することが、特定商取引法には制定されていますので、8日以内なら一切の負担なく、契約を取りやめることができます。

着物の出張買取がおすすめな人は?

着物の出張買取にはメリットとデメリットがあることを紹介しましたが、出張買取がおすすめな人は・・・

売りたい着物が高級品や商品点数が多い人

出張買取の良いところは、着物の持ち運びや移動距離や時間が最小限になるので、着物に折り目やシワなどのダメージが起こりにくいという部分。

特に高級な着物や有名作家の着物などを売りたい場合や、商品点数が多く持ち運びが大変な場合には、非常におすすめです。

着物の買取店が近所にない人や手間なく売りたい人

着物の買取店が近所にない場合は遠くのお店まで持込をしたり、宅配買取サービスを利用する必要がありますが、出張買取なら予約日時に自宅で待っているだけ。

面倒なことをしたくないひと、手間を掛けずに着物を売却したい人に出張買取は人気です。見た目も普通の人が来ますし、女性のスタッフさんを指定することが出来る会社もありますので、男性は苦手だという人でも安心です。

着物の出張買取ならバイセル!

着物の出張買取のメリット・デメリットの記事まとめ

着物の出張買取というと、なんか面倒で手間のかかるものというイメージがある人も多いようですが、一番手間なく簡単に売却することができる方法なんです。

しかもクーリングオフ制度の対象になるのは出張買取だけですし、査定金額についても持込買取よりも高額になる傾向があるのもおすすめポイントのひとつ。

自宅に来てもらうという部分だけが問題なければ、着物を売る際には目の前で査定してもらえる出張買取が一番でしょう。

着物をタンスから出して、そこで状態をチェックだけですので、シワや折り目がついてしまうリスクもありませんので、売らない場合でもメリットがあります。

着物の売却方法として、多くの人が出張買取を選んで、高額査定で商品を手放していますし、多少の相談や交渉もできますので、まずは値段を知りたいという人でも良いでしょう。

日本全国が出張買取の対象という着物の買取専門業者もいますので、着物の点数が多い人や、地方に住んでいる人などにも本当におすすめですよ。