着物の持込買取のメリット・デメリット│手間の割に査定額は低い?

着なくなった着物が家に何着も眠っているけど、どのような方法で査定してもらうと高い値段で売ることができるの?

着物の買取方法として一般的なのがこの3つの方法ではないでしょうか?

  1. 持込買取
  2. 出張買取
  3. 宅配買取

質屋やリサイクルショップなど様々な場所であなたに合った方法で着物を売却することができますが、今回は持込買取について、簡単な流れやメリット・デメリットを解説します。

着物の持込買取(店頭買取)とは?

着物の持込買取がどんな方法なのかといえば、実際に着物を買取している店舗やお店に直接着物を持ち込んで、目の前で査定してもらって買取してもらう方法です。

持込買取ならすぐに査定して不要になった着物を買取してもらえると考えている人も多いようですが、若干イメージが違うかもしれません。

まずは着物の持込買取がどのような流れで行なわれるのかを紹介すると・・・

着物の持込買取の一般的な流れとは?

着物の持込買取の流れを簡単に3ステップで解説すると・・・

着物の持込買取の予約や確認

まず最初に着物の持込買取を行ってもらうためには店頭に連絡を行って、持込買取を行っているのか?予約等を行う必要があるのかなどを確認する必要があります。

大手のリサイクルショップ以外で、飛び込みで着物の持込買取を行って貰おうとするのは、お付き合いのある質屋や着物買取店以外は避けましょう。

リサイクルショップでの着物の買取額は低めですので、予約無しで買取を行ってもらえたとしても、あまりおすすめの方法ではありません。

店頭での買取可能日の確認と当日の持参物(運転免許証や健康保険証)などの、身分証明書やその他に必要なものを確認しましょう。

店頭で着物の買取査定の実施

店頭での持込買取の予約ができれば、予約の当日に着物や帯など売りたいものを持参して、スタッフや鑑定士さんに査定してもらいます。

着物の店頭買取を行っているほとんどの店舗では査定は無料ですので、買取金額や査定金額に納得ができなければ、その場でキャンセルすることもできます。

査定してもらう着物の状態や点数などにもよりますが、5分〜10分ほどで査定が完了しますので、そこまで時間がかかるわけではありません。

着物の買取金額の受け取りか、キャンセルの決定

店頭で査定してもらいその買取金額に納得できれば、その場で現金と引き換えに不要になった着物を引き取ってもらいます。(当日支払いの買取店の場合のみ)

着物の買取店でも当日払いではなく、後日、指定の銀行口座に振込を行うお店もあるので、即金での支払が可能か予約時に確認しておくと良いでしょう。

お店の方と交渉しても、もし査定金額に納得できなければ、その買取店での売却を諦めて、自宅に持ち帰り、売却を諦めるか別のお店での査定を実施します。

着物の持込買取のメリット・デメリット

着物の持込買取(店頭買取)でのメリットとデメリットについて簡単にまとめてみると・・・

着物の持込買取のメリットとは?

  • 目の前で買取のプロが着物を査定してくれる
  • 着物と現金をその場で交換することができる
  • 家の中に鑑定士やスタッフをあげる必要がない
  • 家族や知人にバレずに着物を売却できる
  • 着物の査定額が不満なら多少は交渉できる

自宅に来てもらう必要もなく、目の前でプロに査定してもらえたり、現金とその場で着物を交換できることはメリットでしょう。

着物の持込買取のデメリットとは?

  • 買取可能か、予約可能かを電話で確認する必要がある
  • 着物や帯一式を車に載せてお店まで持っていく必要がある
  • 着物の買取店が近所にない場合や希望日に予約が取れないことも
  • お店が立て込んでいると査定が終わるまで待たされることも
  • 売却をキャンセルする際には着物や帯一式を持ち帰る必要がある

出張買取や宅配買取と違って、一番のデメリットはデリケートで持ち運びが大変な着物を持ち運ばなければならないということ。

店頭で売ることができれば良いですが、もしキャンセルして持ち帰らなければならない時には、少し大変な思いをされるかもしれません。

以前からお付き合いのある骨董商や着物買取店がある人なら、店頭での着物の持込買取はお手のものかもしれませんが、はじめての人には結構たいへんだと思いますよ。

着物の持込買取(店頭買取)がおすすめな人は?

着物の持込買取にはメリットとデメリットがあることを紹介ましたが、持込買取がおすすめな人は?

目の間で着物を査定して欲しい人

思い出や思い入れのある大切な着物だから、自分の目の前でプロに査定してもらいたいとか、信頼できるお店で買い取ってもらいたいと思っている人。

すでに何度も店頭買取を行っている人には安心できる方法ですが、若干買取金額が低い傾向があるので、そこは最初に理解しておきましょう。

他人を家に入れたくない人

家に来てまで着物を売りたくないとか、知らない人を家に入れたくないと考えている人にも、着物の店頭買取はおすすめでしょう。

実際に売る際には身分証明書の提示が必要なので、住所はバレてしまいますが、家にあげる必要がないので、近所の人や家族にはバレないでしょう。

着物の持込買取のメリット・デメリットの記事まとめ

店頭に自分で持込することで、様々なメリットやデメリットがありますが、やはり一番のネックは、自分で着物をお店まで運ばなければならないこと。

デリケートな着物ですので、持ち運び時の取扱には十分に注意したいところです。

査定してくれるプロは着物の取扱に慣れていますが、タンスから車・車からお店と持ち運びする際に、不慮の事故等で汚れたりするリスクもまったくないとは言えないでしょう。

それと最近の傾向としては、個人で行っているような質屋や着物買取店だと販路が限られていることで、買取価格が出張買取よりも低くなる傾向があるようです。

出張買取の場合はネットや業者間ネットワーク上で再販することができることもあり、査定金額が高い傾向があるので、少しでも高い値段で着物を買い取ってもらいたいなら、多少我慢しても出張買取の方がよいかもしれません。

ちなみに店頭買取はクーリングオフがありませんが、出張買取だとクーリングオフが適応されますので、売却後の心変わりにも対応してもらうことができますよ。